• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > ボランティア活動推進センター > ボランティア活動推進センターの紹介
ボランティア活動推進センターの紹介

立正大学社会福祉学部 ボランティア活動推進センター(通称:ボラセン)は、学生のボランティア活動のサポート、ボランティア情報の収集ならびに提供、そしてボランティア先とのコーディネートを行っている立正大学社会福祉学部の機関です(2001年設置)。 また、ボランティア活動に関することだけでなく学生の地域参加を通して、“福祉を身近に感じられる町づくりの推進”を理念としています。

ボランティアセンターの運営は学生スタッフが中心となって行われており、福祉施設、病院、学校、NPO等、地域のさまざまな機関からたくさんのボランティア情報が寄せられ、ボランティア先を探す多くの学生がボランティアセンターを訪れます。

このようにボランティアセンターでは、ボランティアを希望する学生とボランティア先との橋渡しの役割を担っています。また、ボランティアセンターが主催する各種講座やイベント等も実施されています。

ボランティア活動推進センターの仕組み

センターの活動

情報の収集・発信

ボランティアセンターにはたくさんのボランティア依頼がきます。
ボランティア情報は以下で得ることができます。
・ボランティアセンターで閲覧
・掲示板(アカデミックキューブ1階及び外掲示板)

・メルマガ…登録方法はこちら

相談・サポート

「どんなボランティアがあるの?」「ボランティアで困っていることがあるの」。ボランティアに関する相談やサポートをおこなっています。お気軽にボランティアセンターにお越しください。



ボランティア講座の開催

ボランティア活動推進のため、講座や講演会を積極的に行っています。



東日本大震災関連活動

2011年の東日本大震災以降、復興のためボランティアツアーを毎年実施してきました。ボランティアセンターではこれからも継続的に支援をおこなっていきます。



地域貢献活動

近隣の施設へのボランティア活動を始め、地域の団体とのコラボ企画や地域イベントへの参加を行っています。また埼玉県、熊谷市の企業、大学との協働事業でNPOを取材し情報発信もおこなっています。



ボランティアセンター主催プログラム

ボランティアセンターの学生スタッフがリーダーになり行っているボランティアプログラムです。何かやってみたいと思っている学生が気軽に参加できるプログラムです。


 

最新の活動情報は、「最新情報」のページをご覧ください。

Top