• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 国家試験対策室 > わたしの合格体験記
国家試験合格体験記 2017年度卒業生 管野 碧さん
社会福祉士・精神保健福祉士 国家試験対策室 わたしの合格記

月~土曜日は、アカデミックキューブで勉強。
毎日コツコツと積み重ね、自分に合った勉強法を確立しました。

国家試験に向けた勉強方法

いつからどんな勉強をしましたか?

大学4年になってから過去問を解き始めましたが、最初はわからない問題が多く、一項目に一日かけていました。ところが、「国家試験対策講座」や国試ゼミで勉強を進めるうちにどんどん問題が解けるようになり、11月には過去問3年分を3回やり終えました。その後は、ただ解くだけではつまらないので、正答を選ぶのではなく、誤っているのを選び、どこが違うのかを書いて、解答と照らし合わせて確認していきました。

月~土曜日は学校で勉強

私は、ユニデンスに住んでいたので、一限からの時間に合わせて学校に行き、学校が閉まるまで勉強をしていました。一日の勉強時間は、7~8時間で、学校が開いている月~土曜日のみ勉強していました。学校でしか勉強しなかったので、帰宅後や日曜日、祝日は自分の自由時間としていました。


対策講座、国試ゼミ、勉強会を上手に活用

「国家試験対策講座」や国試ゼミの活用法

「国家試験対策講座」を受けた後は、必ず配布されたレジュメをもう一度読み返すようにしていました。また、講義中に気になったところには印をつけておき、後で調べるようにしていました。

国試ゼミでは、もちろん勉強もしていましたが、どちらかと言うと、周りの人が今何を勉強しているのかがわかる場でもありました。勉強の話だけではなく、他愛のないおしゃべりもしていたので、完全にリラックスした状態で受けていました。いつも一人で勉強するだけではなく、みんなで同じ勉強をする時間も時にはいいのかと思います。

学内の勉強環境を活用して友達と勉強

私はアカデミックキューブ4階の自習スペースを活用し、友達と勉強していました。6階が先生方の研究室なので、わからないことがあればすぐに質問に行けて便利でした。自分が疑問に思ったことは友達と確認し合い、わからなければ先生へ、という感じです。勉強につかれたときは、お菓子を食べながら世間話をしていました。環境によって集中度が違うと思うので、自分が勉強しやすい環境を見つけてください。

毎日の積み重ねが大切

自分に合った勉強法を見つけてください。

毎日の積み重ねが大切だと思います。勉強したことを一回だけで全部覚えられる人はいいですが、そうではない人はコツコツと積み重ねていってください。勉強のアドバイスとして、人物名や暗記系は後からでもいいので、まず初めに社会福祉に関する制度の仕組みや、どのような法律が関わってくるのかをサラッと見直すといいと思います。あとは、勉強のスタイルは人それぞれなので、自分に合った勉強法を見つけて頑張ってください。

 

Top