• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 社会福祉学科 > 在学生インタビュー
在学生インタビュー
社会福祉士国家資格を取得し、福祉の専門職として働くことをめざしています。 中学、高校時代も自分から進んで特別養護老人ホームなどでボランティアの活動をしていました。大学の授業以外でもボランティアのサークルに入って活動しています。

立正大学社会福祉学部に入学した理由を教えてください。

祖母と同居していることもあり、高齢者と関わることが多くありました。さらに中学、高校生のときの特別養護老人ホームでのボランティア体験を通して、福祉についてもっと深く知りたいと思い、社会福祉学部に入学しました。

社会福祉学科での学びについて教えてください。

高齢分野にとどまらず、障害、児童、医療、地域など社会福祉について多くのことを学んでいます。法律や制度など覚えなくてはならないことが多く大変ではありますが、知識が増えていくことはとても楽しいです。

好きな授業について教えてください。

私は、ゼミの授業が好きです。少人数制で、先生との距離が近いので質問がしやすいと思っています。また、ゼミ内の意見交換を通していろいろな視点に気づかされ、自分のことも理解できるようになることが魅力です。

卒業後に希望している進路について教えてください。

福祉系の職に進みたいと考えています。福祉に関する職といっても幅があるので、一つに絞らずに広い視野で考えたいと思います。地域包括支援センターでのソーシャルワーク実習が決まっているので、そこでの経験も進路選択に活かせるのではないかと期待しています。

学生のうちに取得したい資格などがあれば教えてください。

社会福祉士の資格取得をめざしています。
社会福祉の勉強をしたいという思いで社会福祉学科を選んだのですが、入学してから社会福祉士の資格を取得できることを知ってチャレンジしたいと思うようになりました。

社会福祉学部の先生を紹介してください。

社会福祉学部の先生方はとても優しく、学生の質問に真剣に答えてくださいます。ときに厳しく指導してくださることもありますが、私たち学生のことを考えてのことだと思うので、とてもありがたいことだと思っています。

受験生へメッセージをお願いします。

自分の将来を見据えて、受験勉強に必死で取り組んでいる時期だと思います。ですが、「勉強するときはする! 休むときは休む!」とメリハリをつけて臨むことが大切だと思います。受験勉強は大変だと思いますが、成果は必ず出ると思うので、受験生のみなさん頑張ってください!

Top