• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 社会福祉学科 > 学びのながれ
学びのながれ

社会福祉学科はコース制の導入により
「アクティブ・ラーニング」を軸に
「なりたい自分」にあわせた学びを提供します

社会福祉学科では、2017年度入学生より新たに2つのコースを新設し、学生が体験を通じて学んでいく「アクティブ・ラーニング」(能動的・主体的学修)を推進します。
ソーシャルワークコースでは、社会福祉士および精神保健福祉士の国家資格(受験資格)を取得し、ソーシャルワーカーとして、福祉現場や病院、地域で活躍する相談援助専門職を育成します。
教育福祉・社会デザインコースでは、4つのプログラムを新たに設け、福祉の学びを基盤としながら、教育現場、地域社会、福祉住環境、国際社会に活かせる体験的な学修プログラムを実施します。
立正大学社会福祉学部社会福祉学科は、「構想力」をもった「福祉人」の育成を目標にかかげ、今後も地域社会の要請に応える人材の育成を通じて貢献していきます。ご期待ください。
社会福祉学科主任 安達 映子

 

学びのながれ

 

 

2つのコースの特徴

ソーシャルワークコース

社会福祉学を中心に「支援」に関する知識と技術を幅広く学び、人びとの生活を支えるソーシャルワークのエキスパートを目指します。

※ 講義、演習、実習をリンクさせて学ぶことによって、社会の現実の場で、人びととの関係を築きながら、ニーズを深く理解し、問題を解決する力を身につけていくことができます。
※ 国家試験受験資格の条件となるソーシャルワーク実習の履修定員は120名です。

 

教育福祉・社会デザインコース

特別支援学校の教員を目指す「教育福祉」と、福祉社会を地域から支える公務員や福祉系企業を目指す「社会デザイン」の2つの学びがあります。

社会福祉と教育を連携させ、特別支援教育の現場で活躍する教員を育成する
社会福祉の学びを基礎に、行政·NPO·福祉系企業などで活躍する人材を育成する

※ 特別支援学校教諭免許の取得を目指す特別支援教育プログラムは、カリキュラム上独立性が高いですが、他の各プログラムの中心は3〜4年次のゼミであり、学びの領域は相互に重なり合っています。


 

教員インタビュー・ゼミ紹介


 ※ 金子ゼミは、ソーシャルワークコースでの履修となります。

社会福祉学科の実習指導 


社会福祉学科の国家試験対策 

Top