• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 社会福祉学研究科 > 社会福祉学研究科 修士課程
社会福祉学研究科 修士課程

修士課程修了までの流れ

修士課程

ゼミナール群(計8単位以上)

修士論文作成に向けて、各自のテーマに沿った研究遂行に必要な内容と方法の検討を行う。

研究特論群(計22単位以上)

専門領域の先端的研究動向を展望し、総合的・学際的に人間や社会に対する理解を深め、幅広い視野から福祉課題にアプローチする能力を習得する。

論文指導
修士論文中間発表
立正大学社会福祉学会発表
修士論文草稿提出・複数指導体制
修士論文の提出・審査・判定
修士論文(社会福祉学/教育福祉学)学位授与

 

授業科目一覧 2016(平成28)年度

社会福祉学専攻 終了基準単位30単位以上
ゼミナール群 仏教福祉研究ゼミナール I〜IV どちらか8単位選択必修
社会福祉研究ゼミナール I〜IV
研究特論群 基礎共通領域群 4科目 4単位必修 合計
22単位
以上
理論領域群 12科目  
実践領域群 8科目  
修士論文  

 

教育福祉学専攻 終了基準単位30単位以上
ゼミナール群 教育福祉研究ゼミナール I〜IV 8単位選択必修
研究特論群 基礎共通領域群 4科目 4単位必修   合計
22単位
以上
理論領域群
福祉領域 10科目 教育領域 5科目
4単位必修 福祉領域 6単位
教育領域 8単位
実践領域群
福祉領域 7科目 教育領域 14科目
修士論文  

 

専任教員

  教員名 研究テーマ
  安達 映子 家族ソーシャルワークおよび家族福祉論
  蟻塚 昌克 社会福祉行政財政および福祉供給システムに関する研究
  稲葉 一洋 福祉コミュニティ、小地域福祉活動
梅澤 啓一 感性福祉論(人間的活動を媒介とした感性生涯発達のメカニズム研究とそれに即した諸活動の内容と方法の体系化)
大竹 智 要養護児童の発生要因と社会的養護のあり方
大平 滋 教育と福祉のあり方、生涯学習社会での学校・家庭・地域のあり方、子育てネットワークのあり方、共生のまちづくり
  清水 海隆 現代日本における福祉思想と仏教思想について
近代以降の仏教福祉事業の展開について
  田澤あけみ(研究科長) 福祉国家と児童福祉政策
中村 尚子 肢体不自由児教育史、乳幼児期の養育のあり方
中山 裕一郎 近現代音楽教育史、音楽的支援のあり方
  仲山 佳秀 障害児・者の認識と行為に関する心理学的研究
  保正 友子 ソーシャルワークの価値・知識・技術およびソーシャルワーカーの育成に関する研究、ソーシャルワーカーの力量形成過程の解明
溝口 元 先端医療技術、福祉機器の技術倫理的諸問題、精神障害論
  三友 量順 仏教文化、普遍思想と仏教福祉
村尾 泰弘 非行や問題行動、虐待などさまざまな家庭問題の臨床心理学的な理解と対応
家族療法の視点からのソーシャルネットワーキング活動

※ 本年度休講の教員も含みます。
は教育福祉学専攻教員

委託聴講生交換制度

大学院社会福祉学専攻課程協議会加盟校による制度で、次の大学の大学院で講義の聴講が可能です。
(50音順)

関東学院大学 淑徳大学 上智大学 大正大学 東洋大学 日本社会事業大学
日本女子大学 法政大学 明治学院大学 立教大学 ルーテル学院大学

開講時間割(昼夜開講制夜間主コース)

時限 時   間 月~金
1 9:00~10:30
2 10:40~12:10
3 12:50~14:20
4 14:30~16:00
5 16:10~17:40
6 18:00~19:30
7 19:40~21:10

※時間割外の授業として、実習や集中講義があります。

予想される進路

福祉関連機関・施設(ソーシャルワーカー・ケースワーカー・カウンセラー)、生涯学習機関
中学校・高等学校教諭、福祉関係大学・短期大学・専門学校教員、民間企業(研究部門)、大学院博士後期課程(進学)

Top