• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 入学試験案内 > 社会福祉学科 NEWS
社会福祉学科 NEWS
2016年度 社会福祉士  国家試験合格率52.5%(全国平均25.8%) 精神保健福祉士  国家試験合格率80.0%(全国平均62.0%)

全国平均を上回る合格率

立正大学社会福祉学部社会福祉学科では、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験の合格率が、毎年全国平均を大きく上回っています。

2016年度
社会福祉士 合格率 52.5% (全国 25.8%)
精神保健福祉士 合格率 80.0% (全国 62.0%)

社会福祉士国家試験資格取得方法

社会福祉士は「社会福祉士および介護福祉法」に基づく、専門ソーシャルワーカーに対する国家資格です。立正大学では、在学期間中に国家試験受験資格取得のための単位を履修し、なおかつ主として3年次に23日間180時間のソーシャルワーク実習を行うことにより、国家試験の受験資格を取得することが可能となります。

本学科の特徴

本学科では、資格取得に向けて、1年時から卒業後の進路を見据えたきめ細やかなゼミ指導が行われ、その上で、2年時よりボランティア体験や実習を重視したソーシャルワーク教育システムが始まります。また、希望する学生には、2年時から国家試験対策室において、生活指導、学習指導、という側面から受験のサポートが得られます。

» 国家試験対策室の詳細はこちらから 


現在、社会福祉士・精神保健福祉士の役割は、日本の社会福祉の現場において必要不可欠となっています。立正大学からも毎年多くの卒業生が資格を取得し、現場にでており、その一翼を担うべく活躍しています。


ソーシャルワーク教育の研究・実践の第一人者が揃う本学科の講師陣のもとで、実習先や卒業後の進路でも自信をもって実践できる知識と実践力を身につけましょう。

Top