• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
子ども教育福祉学科 教員一覧
板野 晴子 准教授
音楽教育の究極の目的は人格形成であると考えることができます。そのためには教育理念の追及と確かな技術の習得は基本となります。子どもたちの心と身体の健やかな成長について、音楽教育法や音楽表現を通して探求してゆきましょう。
音楽教育メソードの理論と実践に関する研究。
音楽教育
梅澤 啓一 教授
「感性福祉論」という講義で会います。感性の発達が人間の営為と人格発達にいかに関わっていくかという問題を、乳幼児期から死期までの造形表現を資料にして探り、人間存在の全体像と意味を明らかにしていきます。
造形表現活動を媒介とした生涯感性発達のメカニズムと、それに即した保育・教育内容と方法の研究。
図画工作、感性福祉論
大竹 智 教授
専門は子ども家庭福祉学です。いま、子どもと家庭(保護者)が抱えている問題では、貧困・虐待・発達障害などがあります。このような人々は、生きづらさを感じながら生活しています。すべての人々が「生まれてきてよかった」と思える社会システム(制度)と援助について研究・教育し、NPO活動を通して解決に向けた小さな実践をしています。
要養護児童発生の要因と社会的養護のあり方に関する研究。
社会的養護
大平 滋 教授
専門は教育学です。特に生涯学習や社会教育学を中心に家庭、学校、地域の連携のあり方を研究しています。最近は、少子高齢化や人口減少社会に入った社会のまちづくりに関心を持っています。分かる授業を工夫しています。学生生活を積極的にチャレンジされ、実り豊かな学生生活を送って下さい。
教育・保育の意味、カリキュラムのあり方、指導方法等の実践力養成に関する研究。家庭・学校・地域のあり方。レジャー、レクリエーション研究。
教育学の基礎
田澤あけみ 教授
よい学生生活を。
社会福祉政学・歴史・国際比較
社会福祉、児童福祉
村尾 泰弘 教授
専門は臨床心理学です。こころの問題を訴える人や問題行動などを繰り返す人のこころのメカニズム、また、そういう人たちにどのような援助ができるかを研究しています。カウンセリングや人のこころに興味を持ってみませんか。
問題行動や心の問題をもつ子どもと家族についての理解と援助に関する研究。
臨床心理学
中山 裕一郎 特任教授
書籍から学ぶ座学の一方で、一歩外へ出て現場を経験したり、さまざまな情報を持った人(インフォーマント)から直接学ぶことも大切です。この両方を大事にして、豊かで充実した学生生活を送って欲しいと思います。
1)日本の近現代音楽教育史研究(とくに子どもの歌の歴史) 2)中国の音楽教育の研究  3)高齢者及び地域への音楽的支援の研究
音楽Ⅰ / 社会福祉の最先端Ⅰ / 教育福祉の最先端Ⅰ / 基礎ゼミⅠ / 専門ゼミⅠ
岡本 依子 准教授
赤ちゃんや子どもって、とにかく不思議です。私の専門は発達心理学で、とくにコミュニケーションの発達に興味があります。おしゃべりをする前の赤ちゃんは、どのようにおとなとやりとりをしているのでしょう?不思議だと思いませんか?
親子コミュニケーションの発達についての縦断的な研究。地域子育てや子育て支援の実践にもとづく研究。
発達心理学Ⅰ・Ⅱ、
教育と保育の心理学Ⅰ・Ⅱ など
奥富 庸一 准教授
子どもの運動遊びや生活リズムなどを中心に、子どもやその保護者の健康を主題に研究しています。気になるテーマに対して足を運び、現場からの着想を大切にしています。子どもたちが元気でいきいきと過ごすために何が必要なのか一緒に考えましょう。
運動遊びを通した親子ふれあいプログラムに関する研究
幼児期の運動遊びとその指導法
幼児体育、保育内容の研究・健康、
初等教科教育法(体育)
志村 聡子 准教授
大人はよかれと思って子どもに働きかけますが、その働きかけ(教育)は、常に子どもにとって望ましいと言えるでしょうか?あるいはまた、教育と保育の違いは何でしょう?様々な問いを立て、ともに考えてみましょう。
親の教育的な役割に関する思想史研究.
保育所・幼稚園における保育内容の研究
保育学
保育内容の研究(総合活動)
石橋 昌雄 特任准教授
子どもは人や社会と関わりながら、社会認識を深め公民的な資質の基礎を培っていきます。これまで小学校教育に携わってきた経験を生かして、みなさんと未来の社会科教育について考え合えることを楽しみにしています。
社会科教育における「文化施設」の活用
人と人との関わりに関するカリキュラム開発に関する研究
社会科教育
吉岡 有文 特任准教授
専門は、認知科学(状況的学習論)、科学・理科教育論、メディア教育論、科学コミュニケーション論です。研究とは「真実とされていること」をただ調べることではなく、根源から「真実」を探求していくことです。従って、研究においては、全てを疑う批判的な姿勢が求められます。吉岡の専門と姿勢に興味・関心のある学生諸君、一緒に学問しませんか。
科学実験機器、理科・物理教科書、学校放送理科番組、科学教育映画等のメディア、それらに関わるコミュニケーション、実践のコミュニティについての学習論的、歴史的研究
理科、初等教科教育法(理科)、教育方法(メディア教育を含む)、小学校教育実習の研究、その他
井 陽介 助教
専門は教育学です。特に生徒指導に関する諸問題や教員養成に関する研究をしています。
教育的課題に学校や教師がどのように対応し、どのような課題を見出しているのかという点に興味を持って研究をしています。
生徒指導の諸問題に関する研究、教員養成に関する研究
小学校教育実習の研究、保育所実習1の研究B
石川 茜恵 助教
専門は発達心理学,青年心理学です。特に大学生を含む青年が,現在という時点においてこれまで生きてきた過去をどのようにふまえ,未来を見通しているのかという点に興味を持ち研究しています。また,他者が自分の人生形成に与える影響にも興味を持っています。
青年期における時間的展望
施設実習の研究1、施設実習の研究2、幼稚園実習の研究1
渡邉 孝継 助教
専門は応用行動分析学、特別支援教育です。保育園・幼稚園・学校で、適応に苦戦している子どもたちをいかにして支えるかという点に興味を持ち研究しています。集団場面における一人ひとりに合わせた指導・支援を日夜追及しています。
自閉スペクトラム症児の視線理解
保育所実習の研究2、幼稚園実習の研究2
Top