• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 子ども教育福祉学科 > 学びのながれ
学びのながれ

理論と実践を同時に学ぶ。
実践的な体験を重視した豊富なカリキュラム。

教育、福祉、心理の幅広い視点を備えた学びを構築するために、
多彩な専門科目を選択して自分のテーマを追求できる柔軟なカリキュラムが組まれています。
4年間じっくり理論と実践に取り組むことで、保育と教育の理念、保育観や教育観を構築することができます。

実践力を養成するための音楽、図画工作、体育等の実技科目や子どもをとりまく社会の対応を学ぶ家族支援論、地域福祉論など、保育・教育現場に対応できる力を養成するための科目も充実しています。
また、保育所や幼稚園、小学校での施設見学・自習の機会も豊富に用意しており、視野を広げ、主体性を養うことができます。

子ども教育福祉学科では、
学生の興味に応じた資格過程を用意しています。
それぞれの資格が4年間で取得可能です。

※3つの資格すべてを4年間で取得するのは極めて困難です。

カリキュラム

総合大学ならでは
他学部の関連科目で視野を
広げることができます
4年間で
専門的知識を
積み重ねることができます。
児童福祉施設
(保育所、児童養護施設等)や
幼稚園、小学校との連携のもとで
実習を行うことができます。
社会における福祉・教育の
あり方を理解する
福祉の原点でもある周教の
考え方を学ぶ
人間福祉学や保育・教育の
学び方を身に付ける
テーマに沿って、より学ぶを深める
心理学の視点から考察する
基礎ゼミⅠ・Ⅱで研究の
基礎を学ぶ
専門ゼミⅠ・Ⅱで4年間の
探求テーマの集大成をめざす
保育、養護、教育方法
の技術を学ぶ

※開講科目の一部のみ抜粋 


教員インタビュー・ゼミ紹介


子ども教育福祉学科の実習指導

Top