• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 子育て支援センター ベアリス > ベアリスってどんなところ?

ベアリスってどんなところ?

子育て支援センターベアリスは、お子さんとそのご家族を支援するための施設です。小学校就学前のお子さんとそのご家族でしたらどなたでも無料でご利用になれますので、気軽にお立ち寄りください。親子でゆっくりと、友達やスタッフ・学生ボランティアと楽しく「ベアリス」で過ごしましょう。

 

新型コロナ感染拡大防止について 

本日2月27日(木)は、新型コロナウィルス対策により12:00で閉所といたします。ふれあい広場のランチルームとしてのご利用はできません。

また、大学からの指示により、以下の期間ベアリスあそぼう広場・ふれあい広場を閉所といたします。2月28日(金)~3月31日(火) 再開の日程はホームページでお知らせいたします。なお、この期間中育児相談は受け付けます。3月2~27日の土日祝日除く9:10~14:10 午前中1組、午後1組 ☆予約をしてください。 親子共に検温した上、体調不良でないことを確認してからお越しください。

ベアリスれたぁ3月号に訂正があります!ご確認ください。ベアリスれたぁ3月号訂正版

忘れ物について 今年度末で忘れ物は処分させていただきます。ご了承ください。

ベアリスでは、メール・電話でも相談を受け付けております。お子さんのことだけでなく保護者御自身のこと・ご家族のこと・地域の情報などお気軽にご相談ください♪

ベアリスでは、学生スタッフ、および学生ボランティアを募集しています。是非、見学にいらしてください。

ベアリスではサークル活動を応援しています。お子さんと一緒の楽しい活動をする仲間を作りませんか?サークルを始めたい方は受付で申請して下さい。 ☆サークル活動にあたってをご覧ください。サークル登録申請書はこちらから

サークル活動などのふれあい広場使用については、予約をお願いいたします。☆ふれあい広場を利用にあたってのお願いをご覧ください。施設使用申請書はこちらから。

♪4月の予定♪詳細はこちらから

イベントのお知らせ 

イベントの様子

親子ふれあい遊び(かぼちゃのランタンをつくろう!)みんなでランタンを彫りました!

Story Time(英語でてあそびうた)英語の手遊び歌と絵本の読み聞かせです。

ここがベアリスの入口です♪

あそぼう広場入口です         

あそぼう広場は楽しいですよ♪

あそぼう広場のお隣はふれあい広場です。

12:00~13:10ランチルームとしてご利用頂けます。

ロビーに改札ができました♪

 

 

べアリスはこちらです。ピンクののぼり旗を目印に来てくださいね。

駐車場からの行き方

大学に沿って曲がります。

駐車場の入口です。 ここに停めてくださいね。      

ベビーカーの方はこちらから♪

のぼり旗をみつけて…    ベアリスに到着です!

抱っこ・あんよの方はこちらから♪ 近道ができました!舗装されたところを通ってね♪

バス停からの行き方

バスを降りたら突き当りを右に進みます。

バスの待合室の手前を左に曲がってすぐ右に曲がります。

そのまま、まっすぐ行くと

左にベアリスの旗発見!

ベアリスに到着です!

2020年2月27日 ベアリスれたぁの3月号を訂正しました。詳細はこちらから。

2020年1月23日 ベアリスれたぁの2月号をアップしました。詳細はこちらから。

2019年12月20日 ベアリスれたぁの1月号をアップしました。詳細はこちらから。

2019年11月22日 ベアリスれたぁの12月号をアップしました。詳細はこちらから。

ベアリスについてひとこと

 立正大学社会福祉学部子育て支援センター(通称:ベアリス)は、2011年4月1日オープンし、今年で9年目を迎えました。熊谷市には19の地域子育て支援拠点があり、ベアリスはそのうちの1つです。地域子育て支援拠点は、地域の子育て家庭への支援を目的とした施設です。ベアリスは熊谷市在住の方のみならず、広く多くの皆様に利用していただいています。

 ベアリスでは、過ごしやすくて暖かい雰囲気を目指しています。利用者の皆さまに「また来たい」と思っていただけるよう、スタッフ一同、心を込めてお迎えしています。   


 さらに、ベアリスの特徴として、本学学生がボランティアとして活動している点を挙げることができます。保育・教育の仕事を目指している学生が、実際に保護者の皆さまやお子さま方に接する機会をいただき、多くを学んでいます。

     

     これからも、ベアリスが多くの方々に利用される場でありますよう願っています。

 

Top