• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 社会福祉学部 > 学部長挨拶
学部長挨拶
社会福祉学部 学部長 清水 海隆

 “社会福祉”は、それぞれの時代を生きる人間の抱える困難や社会の必要性から生み出され、近代・現代社会において発展してきた比較的新しい分野です。21世紀に入った現代社会に生きるわたしたちもさまざまな生活上の問題を抱えて生活しています。

 現代人をさまざまな視点から支援し、専門的な立場からその生活問題を解決するため、社会福祉学部では社会福祉学科・子ども教育福祉学科の2学科を開設し、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験資格、特別支援学校教諭免許、保育士資格、幼稚園教諭・小学校教諭免許などの資格・免許を取得し、社会福祉および教育の第一線で責任を持って活躍できる卒業生を送り出すことを目指しています。

 このため、社会福祉学部での学びは、各種の講義や演習などの授業に加え、各資格・免許に応じて学外の実習先での学修が大切です。それらに加えて自分自身で実践や実体験することも重視しており、併設するボランティアセンターや子育て支援センターは、主体的な参加・実践の機会を学生諸君に提供するものとして期待されています。

 わたくしたち社会福祉学部の全スタッフは、学生諸君が専門的な学修に加えて、充実した学生生活をおくることにより、卒業後に第一線で活躍できる専門性と人間性を身に付けられるよう日々努力しています。

社会福祉学部 学部長 清水 海隆

Top