• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 社会福祉学部 > 社会福祉学という学問
社会福祉学という学問
総合的な福祉と教育の理論と技術を備え、明るい未来を構想できる「福祉人」を育てます。

生きている喜びや幸せを実感し、自分らしく充実した生活を送るために社会全体で制度や仕組み、活動について考え、取り組んでいくこと、 それが社会福祉です。

本学部では、福祉の観点からさまざまな学問領域について学び、講義や演習、実習を通して共感する心と豊かな人間性、社会の現代的課題を分析する力と社会福祉へ取り組む実践力を育てます。

本学部が育む人材とは、新しい価値観をもち備えた
社会のリーダーとして活躍できる「モラリスト×エキスパート」です。

一人ひとりが人のかかわり合いの大切さを知り、共感する心と人間性を育てること。的確に目の前の課題を分析し、取り組むことのできる実践力を備えること。そして、福祉社会の実現に参加できる力である「構想力」を身に付けることを目標としています。
「構想力」をもった「福祉人」となるための学びが、ここにあります。

モラリスト:人の心や思想を思いはかり共感することのできる、感受性の高い、自律的で教養豊かな人間。
エキスパート:「モラル」を軸に、さまざまな専門的な知恵と展望、そして実践力をもって各分野で信頼を得て活躍する人間。


学部の特長

1.社会福祉の視点を備えた「教育」に関するカリキュラムが充実しています。
2.豊かな学生生活を送るために1年次から全員必修の基礎ゼミが開設されています。
3.複数の学問領域を横断的に学ぶことで、幅広い教養と多面的な理解力を養います。
4.身につけた福祉・教育スキルを磨く、現場実習やボランティアの機会を提供しています。

 

何を学ぶのか

共感する心 分析する力 実践力

 

どう学ぶのか

講義、演習、実習をリンクさせて学ぶことによって、社会の現場で人びととの関係を築きながら、ニーズを深く理解し、問題を解決する力を身につけていくことができます。

演習ゼミ・講義・実習フィールドワーク

 

双方から学ぶ

専門知識+的確な技術=構想力

福祉・教育・保育に関する専門知識と、的確な技術の習得や実践的な姿勢の双方から福祉を学ぶことによって、「構想力」を身につけていきます。


社会福祉学部の取り組み 〜構想力を養うための4つの特長〜

社会福祉学部の教育コンセプトは、構想力を備えた「福祉人」の育成。つまり、社会の現代的課題を分析する能力、共感する心と豊かな人間性、福祉課題に取り組む実践力を備えた人材の育成です。そのために、次の4つの取り組みを実践しています。


1基礎ゼミ 豊かな学生生活の基礎固め

本学部では、社会福祉学科は「社会福祉基礎演習」、子ども教育福祉学科は「基礎ゼミⅠ」と、1年次から全員必修のゼミが開設されています。入学直後の学生に大学における学修スタイルを早期に身につけてもらうため、調査、レポート、発表等をはじめとする研究の基礎を学ぶだけでなく、大学生活における個別の相談・助言・指導を行う場としても機能しています。学園ライフを豊かに過ごすための基礎的な場所として位置づけられています。

2福祉の視点から「学ぶ」教育 「教える」のあり方を変えていく

福祉とは人がよりよく生きていくために必要な働きかけをすること。この思想は当然ながら教育現場でも求められるものです。本学部では教育を「学校教育」ではなく「人間の発達」としてとらえ、「発達障害者教育総論」や「音楽Ⅰ・Ⅱ」等、社会福祉の視点を備えた教育に関する科目を取り揃えています。これらを通じ、社会福祉学科では特別支援学校教諭の免許状、子ども福祉教育学科では小学校教諭および幼稚園教諭の免許状が取得できます。

3学際的な学問領域 幅広い教養と視野を広げる

生物、社会、心理、法、生命倫理、宗教等、社会福祉学には多彩な学びが関連しています。複数の学問領域を横断的に学ぶことで幅広い教養と多門的な理解力を養うことができるのが本学部の特長。それを実現するべく、学際的な学問領域の教員をバランスよく配置し、直接専任教員から指導を受けられるようになっています。まさに立正大学のもてる力を集結させたものであり、実社会で活躍できる人材に最適な環境といえるでしょう。

4実習・ボランティア 実用性の高い福祉スキルを磨く

本学部では両学科ともに豊富な実習や演習プログラムが組まれています。そこで身につけた福祉・教育のスキルを現場で活かす機会を学生に提供するため、近隣の教育現場と密な関係を築き、現場実習の受け入れをお願いできる環境づくりを進めています。また正課のカリキュラム以外では、学部として「子育て支援センターベアリス」「ボランティアセンター」を運営しており、学生にボランティアの機会を提供しています。


どこで活かすのか
活躍できるフィールド

多彩に広がる社会福祉 人を支える 人を育む 人と社会をつなぐ

社会 生活をとりまく政治経済システムや国際問題、環境問題に関する学び

独立型社会福祉士
国際援助機関職員 
社会福祉協議会専門員 
国家公務員 
地方公務員 
警察官 
消防士 
保険・金融機関職員 など

生活 私たちの生活の質の向上をめざす援助に関する学び

施設や機関のソーシャルワーカー
医療ソーシャルワーカー 
ケアワーカー
福祉サービス関連企業
(医療福祉機器メーカー・シルバー産業等)医療事務員
福祉住環境コーディネーター
ユニバーサルデザインのプランナー
ボランティアコーディネーター NPO法人スタッフ など

保育 子どもの心と体の発達を支える援助や養護に関する学び

保育所保育士 
児童養護施設保育士 
乳児院保育士 
児童指導員 
学童クラブ指導員 
ベビー産業 など

教育 幼児や児童、障害児の可能性を伸ばす教育に関する学び

小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭
特別支援学校教諭
幼稚園教諭
研究機関
学習塾講師 など

心理 私たちの心の動き、心的ダメージのケア、相談に関する学び

施設心理職 
ファミリーソーシャルワーカー
児童指導員 など

社会福祉学科の卒業後の進路/資格・免許 子ども教育福祉学科の卒業後の進路/資格・免許


社会福祉学科の3つのポイント

社会福祉学科の学びのながれ

ソーシャルワーカーの国家資格(社会福祉士・精神保健福祉士受験資格)や特別支援学校教諭免許状などが取得できます。

福祉マインドをもち社会をデザインする「構想力」をもった人材を育成しています。

豊富な実習プログラム(ソーシャルワーク実習・教育実習)やボランティア活動で実践力を高めます。

子ども教育福祉学科の3つのポイント

子ども教育福祉学科の学びのながれ

小学校・幼稚園教諭免許状と保育士資格などが取得できます。

豊かな感受性をもち、子どもたちの健やかな発達を育む創造力をもった人材を育成しています。

子どもたちとのふれあいを大切にし、教育実習・保育実習で実践力を高めます。

Top